美歴の「前回カルテ参照」機能を活用して、カルテ作成を効率的に!

過去のカルテ内容を引き継ぐ

2017/9/5に行ったバージョン1.1.7へのアップデートにおいて、カルテ作成画面に「前回カルテ参照」ボタンを新たに設置しました。



これにより、毎回同じメニューや内容の施術をされているお客様について、非常に効率的に美歴でカルテ作成ができるようになりました。


過去カルテ引き継ぎ機能の特徴

1)引き継げる項目について

内容の引き継ぎがされる項目は、以下の通りです。


ショップ

施術メニュー

レングス

施術内容
顧客属性(参照するカルテの情報が新規だった場合、2回目に、2回目は3回目、3回目は4回目に更新されます。4回目以降とVIPの場合は変更されません。)

施術料金

施術料金割引金額

店販売上

店販割引金額

施術記録

社内共有


2)同じ店舗のスタッフであれば、誰でも引継ぎ可能

美歴の店舗管理サービスをご利用いただいている場合、同じ店舗の別のスタッフが過去に作成したカルテ情報も引き継ぐことができます。




フリーのお客様や担当変更がされたお客様についても効率的にカルテ作成ができます。

今後も、少しでもカルテ作成/管理の手間を削減できるようアプリの改善に努めてまいります!