もっと便利な使い方 店舗
美歴Webカードを使って、2回目以降のカウンセリング品質を高める運用事例

2回目以降のカウンセリングにもWebカードを活用する Webカードは、紙のカウンセリングシートをWebフォームにして、タブレット等でお客様に入力いただき、デジタル管理ができるサービスです。 通常は、新規のお客様が来店された際のカウンセリングシートとして活用いただいていますが、2回目以降のカウンセリングにも活用いただいているサロン様もあります。 そのような活用をされている目的は、 ・若いスタッフの2回目以降のカウンセリングの品質レベルを一定以上向上し、適切な施術を行えるようにすることで、お客様の満足度を高めたい。 ・初回来店からのリピート状況をチェックし、リピートしているお客様としていないお客様の違いを分析し、課題を抽出したい。 というものです。 具体的にどのような運用を行っているのか、紹介していきます。 全体フロー ↓ 実際にサロン様で行なっている運用フローは下記のようになっています。 (クリックで拡大) ・初回来店時は、通常通り、初回用のカウンセリングシートをお客様に入力していただきます。 ・2回目以降の来店時は、Webカードの管理画面から呼び出した、2回目以降専用のカウンセリングシートを呼び出し、スタッフさんが入力しています。お客様にヒアリングをしながら入力する感じです。 どのような画面の流れなのか、以下が詳細になります。 ー 初回来店時 すでにWebカードを運用されているサロン様は、お分かりになる内容だと思いますが、初回来店時はお店のタブレット、またはお客様のスマホでカウンセリングシートにアクセスしていただき、カウンセリング情報を入力いただきます。 (サンプル) 入力された情報は、Webカードの管理画面および美歴アプリ(美歴店舗管理サービスをご契約いただいているサロン様に限ります)にデータが自動で反映するので、その内容を確認しながら、カウンセリングを行っていきます。 ー 2回目以降の来店時 Webカード管理画面を利用します。 ご来店されたお客様をリストから選択し、お客様詳細欄に表示される「2回目以降のカウンセリングシート」ボタンを押します。 ※ こちらは、2回目以降のカウンセリングシートの運用をご希望のサロン様のみ表示されます。ご希望の場合は、初回用と合わせて2つのWebカードご利用契約が必要になります。 2回目以降のカウンセリングシートが別ウィンドウで表示されます。 (サンプル) これを使って、担当スタッフさんが、顧客様にカウンセリング(ヒアリング)をしながら情報を登録していきます。 入力、送信が完了すると、Webカード管理画面および美歴アプリ(美歴店舗管理サービスをご契約いただいているサロン様に限ります)にデータが自動で反映します。 (Webカード管理画面) (美歴アプリ)初回と2回目のカウンセリングカードができている状態 ↓ 基本的な流れは以上になります。 ー カウンセリングデータからの分析 蓄積しているカウンセリング情報から細かな分析ができます。 カウンセリング内容をもとに、どのような回答をされている方が、その後のリピートにつながっているか(もしくはつながっていないか)などを分析する、といったことが可能です。 具体的な画面で紹介していきます。 集計は、Webカード管理画面で行います。 「集計/分析」メニューから「カウンセリング集計/分析」を選択します。 「集計項目設定」で、集計したい初回来店年月を選択。 「集計する項目」はクロス集計にし、上は任意の設問を、下は「来店回数」を選択し、「集計」ボタンを押します。 すると、集計結果が表示されます。 横軸が来店回数です。これは、カウンセリングシートの登録数から算出しています。2回目以降のカウンセリングシートを正確に登録していれば、正しい来店回数で集計されます。 この中から、リピートしている人を見てみましょう。回答者がどなたであるかは、表の数字部分を選択すると表示されます。 ↑このような感じで表示されます。 ここから先は、美歴店舗管理サービス(美歴アプリの店舗契約)をご利用いただいているサロン様のみ使える機能になります。 お客様の名前をクリックすると、その方のカルテ履歴等が表示されます。 「カウンセリング」タブを選択すれば、今までのカウンセリング履歴を見ることが可能です。 これでリピートしているお客様としていないお客様の傾向や、個別具体的な理由等を細かく見ることができ、担当スタッフごとの課題抽出とそれに対する具体的な対策が立てやすくなります。 以上が、美歴の「Webカード」を使った、2回目以降来店のカウンセリングの具体的な運用事例のご紹介でした。 ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください! 美歴相談フォームへ

藤波裕樹
2019.11.29
基本的な使い方 スタイリスト
【美歴活用方法】”そろそろご来店に最適な時期”というお客様に、年末のご挨拶メッセージを一斉配信する

カルテ情報に紐づいたメッセージ機能を活用しよう! 電子カルテ共有アプリ「美歴」では、アプリでカルテ共有しているお客様とメッセージのやりとりができます。 美歴だからこそできるコミュニケーションとしては、「カルテと紐づいている」という点が挙げられます。 例えば、来店サイクル等でお客様を抽出した上で、やりとりができるといった感じです。 年末に向けたご挨拶メッセージを一斉配信してみよう 早いもので、2019年もあと1ヶ月ほどで終わりますね。 そろそろ今年最後の”切り納め”の予定を考えているお客様も多くなってくると思います。 そういうタイミングで、スタイリストさんから素敵なメッセージなどが届いたら、お客様の心に届くのではないでしょうか。 ということで、この時期に是非参考にしていただきたいメッセージ機能の活用方法をご紹介します! 「メッセージ」メニューを開き、右上の「新規作成」ボタンを押します。 メッセージのやりとりができる(カルテを共有している)お客様の一覧が表示されます。 「宛先」の右側にある、絞り込みボタンをタップします。 ここで、前回の来店からどのくらい経っているのかで抽出できるようになっています。 例えば、「- 3ヶ月前」を選択すると、前回来店されてから2ヶ月超3ヶ月経過のお客様を抽出できます。 表示されたお客様の中から、「次回予約が決まっていない」お客様を選択し、メッセージ作成ボタンを押します。 あとは、送りたいメッセージを入れて送信するだけです。 「デジタル招待状」の「インビテーションカード」を使えば、よりリッチで特別感のあるメッセージを配信することも可能です。 インビテーションカードの使い方詳細はこちら 年末に向けた顧客様とのコミュニケーションに、美歴の便利な機能をご活用ください! 美歴に関するご相談は、下記の問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。 美歴相談フォームへ

藤波裕樹
2019.11.21
もっと便利な使い方 店舗
【美歴 Webカード】複数種類のデジタル自署付き同意書の複写(プリントやPDF化)が可能になりました。

「美歴 Webカード」は、カウンセリングシートや施術同意書をデジタル化し、カルテの完全電子化を支援するサービスです。 「施術同意書」として運用されているサロン様では、”デジタル自署”機能(オプション)も活用し、お客様にタブレット等で同意書のサインをいただく運用をされている店舗様も増えています。 このような運用をする場合、サインをいただいた同意書の控えをお客様にお渡しできるようにしたいというユーザー様のご要望を受け、サインが入った状態の電子化した同意書を印刷やPDF化できる機能をご用意していましたが(詳しくは、こちらの記事をご参照ください)、各店舗様ごとに1種類の同意書のみ対応可能なものでした。 しかし最近では、何種類もの同意書をWebカードで運用するサロン様が急増してきたため、今回、複数種類の同意書を運用されている場合でも、すべての同意書について、印刷/PDF化に対応できるようにいたしました。 署名済みの同意書の印刷(PDF化)までの流れ ※同意書の印刷やPDF化をできるようには、各店舗ごとに弊社側の設定が必要になりますので、ご希望のサロン様はご要望を弊社にお伝えください。 Webカード管理画面で同意書を表示したいお客様を選択し、署名情報を確認。 出力したい署名の横に表示されている「同意文書表示」ボタンを選択すると、 署名が反映されたデジタル同意書が表示されます。 A4縦で綺麗に印刷できるようになっていますので、そのままプリントしていただいたり、PDFファイル化していただくことが可能です。 上記の機能を含め、Webカードのサービス内容等が気になる方は、下記の相談フォームからお問い合わせください。 美歴相談フォームへ 今後も、利用者様のご意見をいただきながら、より使い勝手のよいサービスへの進化に努めてまいります。

藤波裕樹
2019.11.12
基本的な使い方 Reviewマネージャー
Googleマップレビューや美歴のレビュー情報をより分析しやすく、活用しやすくなりました。【美歴 Reviewマネージャー】

「美歴 Reviewマネージャー」は、Googleなどのレビュー投稿の促進や管理を効率化し、顧客の声を集めるのはもちろん、MEO(マップエンジン最適化)対策にも効果的な、顧客レビュー収集促進ツールです。 ※サービスの詳しい内容はこちら→ 「美歴 Reviewマネージャー」紹介サイト 今回、Reviewマネージャー管理画面でのレビュー情報管理を、よりわかりやすく、分析しやすくなるよう改善しました。 改善のポイント ・ダッシュボードで、レビューごとの評価傾向を把握、ネガティブレビューを発見しやすく ・グーグル、美歴のレビュー情報をそれぞれ見ることが可能に。グラフィカルにわかりやすく 上記の改善ポイントを踏まえ、改善後のレビュー管理画面についてご案内いたします。 ダッシュボード Webカード/Reviewマネージャー管理画面の「レビュー」メニューで閲覧いただけます。 「※こちらのメニューは、Reviewマネージャー」ご契約サロン様のみ選択いただけます。 ダッシュボードでは、Googleレビュー、Reviewマネージャー専用アンケート、美歴アプリで取得できる施術レビューの3つのレビュー情報の集計等をチェックできます。 「4点未満」の評価がついている”ネガティブレビュー”のみを抽出した一覧もチェックすることができます。 これにより、顧客様からの声を、店舗運営改善や、顧客対応などに活用しやすくしています。 Google 「Google」タブに切り替えると、連携しているGoogleマイビジネス アカウントのレビュー情報を確認することができます。 画面上部では、週単位でのレビュー投稿数推移、レビュースコア推移を確認できます。 その下部では、Googleに投稿されているレビュー情報を一覧で確認できます。 ここから返信もできますので、施術担当スタッフ様が責任を持って返信することも可能です。 レビューの数が多い場合は、ページャーが表示されます(1回で表示する件数は10件ずつです)。 この一覧は新しい順に並んでいますので、古いレビューをチェックしたい場合は「次へ」ボタンを押して、切り替えてください。 なお、データを取得するためには、Googleマイビジネス アカウントと、Reviewマネージャーのアカウントを連携する必要があります。 連携の設定がされていない場合は、下記のメッセージが表示されます。 メッセージをクリックして、認証手続きを行いましょう。 RMアンケート 「RMアンケート」は、Reviewマネージャーが提供している専用レビューアンケートです。 Googleのアカウントをお持ちでないお客様から、または、お店に対してネガティブな感想をお持ちのお客様からの評価を投稿いただけるようにするためのレビューシステムです。 詳しくはこちら 「RMアンケート」タブを選択すると下記のようにデータを確認することができます。 Reviewマネージャーアンケートは、「仕上がり」「店の雰囲気」「接客」「料金」についての、”満足”or”不満足”と総合的な満足度(5段階評価)を収集でき、その内容を確認することが可能です。 美歴 施術レビュー 「美歴 施術レビュー」は、電子カルテ共有アプリ「美歴」でお客様の施術に関する評価を収集できるシステムです。 「美歴」をご利用中のサロン様のみご活用いただけます。 美歴 施術レビューの詳しい内容はこちら 美歴でカルテ共有をすると、カルテを受け取ったお客様に対して、「仕上がり」「店の雰囲気」「接客」「料金」と総合的な満足度を5段階で評価いただけます。 施術ごとに評価をいただけるため、具体的な改善にレビュー情報を生かすことができます。 「美歴アプリ」タブを選択すると、(評価情報が投稿されていれば)下記のようなデータをチェックすることができます。 評価の度合いは、全国平均との比較が可能です。 また、施術ごとの評価の詳細、スタッフごとの評価の平均もチェックできるので、具体的な課題確認や顧客フォロー、改善の検討に生かすことができます。 「美歴 Reviewマネージャー」をご利用されていないサロン様で、サービスにご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。 美歴相談フォームへ 今後も、利用者様のご意見をいただきながら、より使い勝手のよいサービスへの進化に努めてまいります。

藤波裕樹
2019.11.09
もっと便利な使い方 店舗
【美歴Webカード改善】お客様情報をCSVダウンロード可能に。DM発送等に活用しやすくなりました。

「美歴 Webカード」は、カウンセリングシートや施術同意書をデジタル化し、カルテの完全電子化を支援するサービスです。 カウンセリングシートは、お店ごとに設問内容をカスタマイズすることができ、取得した情報は顧客情報を含め専用管理画面で、管理することが可能です。 Webカードから登録された顧客情報をCSVダウンロードできるようになりました。 Webカードを利用している多くのサロン様では、お客様の住所情報を入力項目として用意されています。 この情報を、はがき等の「ダイレクトメール」発送に活用したいというユーザーサロン様のご要望を多くいただき、今回、CSVファイルにダウンロードできるようにしました。 CSVダウンロードの流れ Webカード管理画面の「顧客データ」メニューから「住所付顧客一覧」を選択します。 Webカードから登録されている全ての顧客が表示されます。 表の一番下に行くと、「Export to csv」というボタンがあります。こちらをクリックするだけで、画面に表示されている顧客一覧情報がCSVファイルでダウンロードできます。 「DM送付可」 だけを抽出 Webカードに、DM等の送付許可に関する設問項目を用意されているサロン様には、表内に「DM送付可否」という項目が表示されています。 顧客一覧をダウンロードする目的の一つとして、「DMを送りたい」というのがあると思います。 そのため、DM送付を許可されているお客様だけを抽出し、ダウンロードできるようにもしております。 表の右上にある「DM送付可能顧客のみ表示」というボタンを押すだけで、抽出できます。 ↓ 抽出後に、CSVダウンロードをすれば、DM送付をOKにされているお客様だけ、ダウンロードすることが可能です。 運用の注意事項 CSVダウンロードは、画面に表示される表の情報のみ行えます。 よって、顧客情報が多いサロン様で、一気にダウンロードしたい場合はは、「表示行数」(デフォルトは100件)を切り替えて対応ください。 上記の機能を含め、Webカードのサービス内容等が気になる方は、下記の相談フォームからお問い合わせください。 美歴相談フォームへ 今後も、利用者様のご意見をいただきながら、より使い勝手のよいサービスへの進化に努めてまいります。

藤波裕樹
2019.10.30