自分の美歴活用状況がわかるサイト(美歴店舗管理サービス利用者向け)の紹介

・どのくらいお客様の情報を蓄積できているのか
・再来率はどのくらいか、サイクルはどうなっているか
・カルテ作成数(=来店数)が多いお客様は? お支払い額高いvip客は?

など、貯まったデータの状況を見える化して、次のアクションやお客様への対応などへの活用の可能性が広がります。
データは「貯める」だけでは、その意義が半分(もしくはそれ以下)であり、有効活用して初めて、その意義が満たされます。

美歴アプリには、長期間来店していないお客様を抽出できるなど、活用のための機能を用意していますが、
加えて、より詳細に「分析」し、蓄積しているデータを見える化できるサイトを、「店舗管理サービス」利用サロンの所属スタッフ様限定で配信しています。

どんなデータが確認できるのか、店舗管理サービスをまだご利用されていない方にもわかるように、少しですがご紹介させていただきます。

ダッシュボード

サイトの最初のページ「ダッシュボード」では、

・今週今月のカルテ作成、送信、受け取り状況


スクリーンショット 2016-08-08 23.08.37


・累計のカルテ作成、送信、受け取り状況


スクリーンショット 2016-08-08 23.09.02


・累計のメニュー比率


スクリーンショット 2016-08-08 23.09.10


・累計の再来率、再来平均サイクルや日数比率


スクリーンショット 2016-08-08 23.09.18


・技術、店販売上平均


スクリーンショット 2016-08-08 23.09.25


を確認できます。

定期的にこの数字を確認し、美歴を使うことでデータが良化しているのか、チェックできます。
例えば、売上が不調になってきているときに、それは、新規客が低下しているのか、再来率が悪化しているのか、単価に伸び悩みがあるのか、など、
自分の端末ですぐに確認、分析できます。

活用推移

ページ左上の「ハンバーガー」アイコンをタップするとメニュー選択できます。


スクリーンショット 2016-08-08 23.09.35


活用推移では、
直近1年の

・カルテ作成数


スクリーンショット 2016-08-08 23.09.44


・カルテ送信、受取数、受取率


スクリーンショット 2016-08-08 23.09.54


・お客様登録数


スクリーンショット 2016-08-08 23.10.00


の推移をグラフで確認することができます。

お客様数の推移や、カルテに対するお客様の反応(カルテ受取数)などを、時系列で確認でき、課題の把握に活用いただけます。

お客様ランキング

直近1年の

・カルテ作成数


スクリーンショット 2016-08-08 23.10.17


・お支払い金額(技術、店販それぞれの合計、平均)


スクリーンショット 2016-08-08 23.10.24



スクリーンショット 2016-08-08 23.10.32



スクリーンショット 2016-08-08 23.10.40



スクリーンショット 2016-08-08 23.10.47



スクリーンショット 2016-08-08 23.10.54


のお客様TOP10を確認できます。

自分にとっての、VIP客、ロイヤルカスタマーをいつでもすぐに把握できるので、
ご来店時の特別感のあるサービス、お誕生日などの特別な日にDMをお送りするなどに活用できますね。

このように、デジタルデータを蓄積することで、情報活用の効率化が飛躍的にやりやすくなります。
ただし、しっかりと正しくデータが登録されていることが重要です。
簡単な内容であったとしても、一人一人のお客様の施術記録をデータとして残しておくことがとても重要ですね。

このサイトは、週1回程度のペースで、店舗管理サービス利用サロンに所属している美容師さんのアカウント宛に、
「美歴サポート」からのメッセージでURLを配信しています。
まだチェックしていないという方は、「メッセージ」メニューからご確認ください。

店舗管理サービスをご利用でない方で、サービスの詳細を知りたいという方は、お気軽にお問い合わせください!
問い合わせフォームへ

記事筆者:藤波裕樹