美歴分析データ、さらに活用できるようになりました(店舗管理サービス利用サロン向け)

【関連記事】
自分の美歴活用状況がわかるサイト(美歴店舗管理サービス利用者向け)の紹介
お客様の来店サイクル状況がすぐに分析できるようになりました。

対象の美容師さん向けには、毎週1回、美歴サポートアカウントからアプリメッセージで分析ツールのURLを配信してますので、そちらからアクセスしてください。


1026_1



1026_2


さて、今回対応したのは、「再来店関連データ」に関する項目になります。
分析ツールのトップページの中央あたりに表示されている項目です

1.再来率について、「新規」と「顧客」別に把握できるように対応しました。


1122_1


ここでの「再来」は、前回の来店日から120日以内に再度来店(カルテが作成された)お客様をカウントしています。
※なお、「新規再来」については、美歴カルテデータを基に算出しているので、美歴導入前から顧客の方など、実際には「新規」ではない方もカウントされている場合がありますので、ご注意ください。

2.再来率、再来サイクルデータから該当のお客様をすぐに把握できるように対応しました。

再来関連の各種データをタップすると、お客様リストが表示されるようにいたしました。
これによって、美歴アプリを使ったコミュニケーションやその他アプローチ、フォローアップなど、具体的なアクションにつなげるための、データ活用が可能になります。

1)新規再来率
新規再来率をタップすると、「新規再来していない」お客様リストが表示されます。
前回来店日からの経過日数も合わせて表示されます。


1122_1_3



1122_2


2)顧客再来率
顧客再来率をタップすると、「2回以上来店しているお客様」のリストが表示されます。
再来していないお客様と継続再来中のお客様でリストが別れていますので、タブを切り替えて活用ください。


1122_1_4



1122_4


3)来店サイクル日数
来店サイクル日数比率、それぞれのパーセンテージをタップすると、該当のお客様が表示されます。
該当の来店日と合わせて表示されます。
来店サイクルが長めのお客様をチェックして、もう少し短いサイクルでのメンテナンス提案をする、といった活用もできそうですね。


1122_1_6



1122_3


4)4ヶ月以上再来なし客数
こちらをタップすると、新規・顧客両方あわせた、「再来していない」お客様のリストを確認できます。
1)と2)を合体させた感じです。


1122_1_7



1122_6


これらのデータは、あくまでも美歴でカルテ登録されたものを対象としています。
なので、データを活用できるようにするには、日々のカルテ作成をしっかりと継続させることが大切になります!

日々の仕事を、お客様のために、次に活かせる状態に蓄積していきましょう!

記事筆者:藤波裕樹