しばらく来店していない方を美歴で探す、3つの方法。

「一人でも多くのお客様に来店いただくために、しばらくお見えになっていないお客様に年内ご来店の案内をしてみよう」と考えている方向けに、美歴を使った運用方法をご案内いたします。

1.最終来店日並べ替えを活用する

お客様リスト画面の「最終来店日」並べ替え機能を活用する方法です。
この画面では、美歴で作成したカルテの「来店日」から、最後に来店された日付を元に並べ替え表示ができます。
例えばこんな感じで、





最終来店日が8、9月あたりのリストを見てみると、ご案内できそうなお客様を発見できるかもしれません。

2.検索機能を活用する

お客様リスト画面で、左上の虫眼鏡マークをタップ、続いて検索フォームの右にある絞り込みマークをタップすると、前回来店からの間隔で抽出できます。





「4ヶ月前〜」を選択して、「絞り込み」をすれば、





4ヶ月以上カルテが作成されていないお客様だけが抽出され、表示されます。

3.アナリティクスサイトを活用する

これは、美歴店舗管理サービスを利用しているサロン様限定になります。
週1回程度の頻度で、美歴サポートアカウントから配信されているメッセージから、アナリティクスページにアクセスできます。





メニューから、「月別来店客分析」を選択します。





指定した月に美歴でカルテ作成したお客様が表示されます。
合わせて、直近1年の来店状況も確認できます。





たとえば、2016/9のリストで、表の右のほうにスライドしていくと・・・





それまで1〜2ヶ月間隔で来ていたのに、10月以降来店されていないお客様が視覚的にわかりますね!

このように、(しっかり美歴でカルテをつけていれば)いつでもどこでも手元のスマホで、カルテ情報の活用ができます。
ぜひ、この年の瀬、有効活用してみてください!

記事筆者:藤波裕樹