美歴カルテの店内情報共有効率化のポイントは「メモ」機能の活用にあり。







「メモ」は、美歴店舗管理サービスを導入していれば、全てのスタッフさんが店舗内で共有すべきお客様それぞれの情報を、簡単にメモでき、リアルタイムでその情報を共有できる機能です。

もちろん、施術ごとのカルテに共有情報を記入することもできますが、お客様に関する注意事項やトピックスなどをカルテに記載すると、どの履歴に記入しているのか分からなくなってしまいがちです。

活用が進んでいるサロンでは、そういった情報は全て「メモ」に集約させています。
お客様が来店される前に必ずスタッフが「メモ」をチェックし、スムースな接客を行なっています。
接客、施術中、気になった点や会話などで得た情報は、すぐに「メモ」に入れる習慣をつけています。

当サイトでも、「メモ」機能の活用方法については何度か紹介していますので、まだ使っていないというサロン様は、ぜひチェックしてみてください。

【参考記事】
「美歴 バージョンアップ情報(2016年12月6日予定) ”メモ”削除機能」
「お客様情報共有の効率化に「メモ機能」を活用しよう!」

記事筆者:藤波裕樹