美歴で、長期間来店されていないお客様の確認はこうやると便利

紙カルテ管理をされているサロンさんで苦労しているのが、「失客している可能性のあるお客様のカルテを洗い出すこと」というのをよく耳にします。

あるサロンさんでは、最終来店日が古い人を定期的にPOSレジから抽出し、顧客番号を元に紙カルテを探し出して、「失客の可能性あり」グループにその紙カルテをまとめて・・・ということをされていました。

ものすごく手間がかかりますね。

美歴でカルテ管理をすれば、そのような手間は大幅に削減できた上で、それらのお客様に対するアクションまで一気通貫でできてしまいます。

美歴のお客様リスト表示画面では、「最終来店日」順に簡単に並べ替えができます。





これだけだと、長期間来店されていない人がわかりづらいので、検索(抽出)を活用します。
左上の検索ボタンを押して、検索窓の右側にある絞り込みボタンを押します。





最終来店から4ヶ月以上経過している人だけを抽出してみると









この通り、4ヶ月以上来店されていないお客様の最終来店日順リストがすぐに表示されました。
同じ作業を紙カルテでやるとしたら、、、想像したくありませんね。。。

美歴はさらにここから、お客様へのメッセージなどが送ることができるので、すぐにアクションも起こすことができます。

カルテが大量になればなるほど、紙カルテでは(やりたくても)実行することがむずかしいことが、簡単にできることを体感いただけると思います!

記事筆者:藤波裕樹