代理作成された美歴カルテの編集権限は誰が持っている?

美歴アプリ カルテの代理作成機能について

美歴アプリの代理作成機能は、同じ店舗のスタッフが他のスタッフに代わってカルテ作成ができる機能です。

例えば、アシスタントさんがスタイリストさんに代わって、日々の施術記録を美歴カルテに登録するといったイメージ。

「代理」なので、あくまでも代わりに作ってもらったスタイリストさんの名義でカルテが作成されていきます。
店舗全体のカルテ作成・管理の効率化や、アシスタントさんに対する教育などに効果を発揮します。

詳しくは、↓マニュアルを参考にしてください。
「美歴 カルテ代理作成マニュアルの最新版です。」




代理作成されたカルテの編集権限は誰にある?

例えば、アシスタントさんが一度代理で作成完了したカルテに、改めて内容の追記などをしたいといったとき、どうすればよいか。

これは時々ご質問をいただきます。

結論としては、代理作成完了したカルテの編集権限は、代理作成された側のスタッフしか持っていません。

現状の美歴では、カルテ作成担当者のみ編集権限を持つ仕組みになっていて、「代理作成」されたカルテは「代理作成された人」が作ったことになるので、編集権限はその人のみ持っているということになります。

編集権限についての詳しい内容は、↓こちらの記事をも参考ください。
「カルテカードの編集権限について」

記事筆者:藤波裕樹